美容室と市販のカラー剤って同じじゃないの??

美容室で使用しているカラー剤
一般に販売されているカラー剤

何が違うんだろう⁇って思った事、
ありませんか?

カラーが染まる原理的には、

1.  黒い色素を明るくした上で、
2.  希望の色を入れる形となります。

ポイントはこの
黒い色素を明るくした上で…
の部分なのです!

市販のカラー剤の場合

まず希望の明るさより2段〜3段明るくします。
そして、2番目の希望の色を入れる…
の部分で希望の明るさにして色味を入れます。

わぁ!とっても良い色になったなぁ♪
って嬉しくなるのですが
しばらくして色味が抜けてくると…

すごく明るくなってしまってる!となります。


明るければ明るいだけ髪と頭皮のダメージは大きくなっています。

なので、市販のカラー剤を使い続けていると薄髪や白髪の原因となることも。。

そこで美容室のカラー剤の登場です!

美容室のカラー剤の場合

美容室のカラー剤は

ポイント1番目の
黒い色素を明るくする…
の部分で希望の明るさ

にします。(必要以上に明るくしないのです)

よってダメージが市販のものより2〜3段少なくなるのです♪

ポイント2番目で
同じように希望の色を入れますが、

色味が抜けてきたかなーという時に
すごく明るくなってる!という事が
起こりづらくなります。

イコール髪や頭皮へのダメージも少なく済んでいるんですね!


もちろんプロが塗りますので、
正確でスピーディ♪
色ムラもなく
髪への負担もさらに少なくなります。

美容室でゆっくり癒されながら
綺麗になりましょう♪

ここまで読んでくださり
ありがとうございます!


edge origination 國本

edge origination國本

http://edge-origination.com

🔷Twitterやっています!🔷
更新情報をアップしますので、
フォローお願いします!😌
https://twitter.com/aspri_info
スポンサーリンク
求人サイトリビマ